iroyuatのチラシの裏

飽くまでもチラシの裏です

うまいどんぶり

 その昔「うまいどんぶり」という丸美屋のレトルト食品のCMが流れていました。

youtu.be

 マイムマイムを原曲としたCMソングに加えさくらももこの様などんぶり兄弟(?)のキャラデザと踊りが非常に特徴的で、当時の多くのTV視聴者達に強い印象を残しました。

f:id:iroyuat:20200430213744p:plain

localcmlover.blog.fc2.com

今でも販売されてるの?

 このCMでは「牛丼」「親子丼」「中華丼」「麻婆丼」という四種類の丼が歌詞の中で紹介されていますが、丸美屋の公式サイトを覗いてみたところ、この内麻婆丼は2020年5月現在でも販売されているのが確認できました(パッケージデザインがCMに映っているものと異なりますが)。

www.marumiya.co.jp

 ただ、中華丼は割と最近まで発売されていたようで、上の商品一覧ページからは消えていてアクセスが出来なくなっていますが、商品ページ自体は残っているのが確認できます。また、Amazonでは今でも販売されているようです。

www.marumiya.co.jp

www.amazon.co.jp

美味しいの?

 こちらの様々なレトルト食品のレビューが書き綴られているサイト

辛口Jのレトルトカレー戦記 ~麺類、冷凍食品等にも参戦中!赤坂のマンションで株主優待生活を目指して~ - 楽天ブログ

では「親子丼」「中華丼」「麻婆丼」のレビューがされているのが確認できましたが、「牛丼」は唯一確認できませんでした。どうやらシリーズの中で一番早く販売が終了した様です。

 幸いながら?こちらのサイトで(16年前の記事ですが)牛丼のレビューが確認できました

tabetayo.exblog.jp

「タマネギしか見えない」「肉少ない」「食べなきゃよかった」等の否定的な感想が書き綴られており、完成写真もCMやパッケージのものと大分違うので、一番早く販売終了したのも納得できる感じがしますね。

 上述のサイトに載っている他の三つの丼のレビューを見てみましょう

 親子丼も「鶏肉は多めにはいっているが、細かく、パサパサしていておいしくない」という感想が書かれており、こちらも実際の盛り付け写真がCMやパッケージのものと大分差異があります。

plaza.rakuten.co.jp

 一方で中華丼と麻婆丼は比較的好意的なレビューが書き綴られています。

plaza.rakuten.co.jp

www.google.com

 こうして見てみると所謂「肉系」の丼が不評の様です。肉系の料理はレトルト食品にするのに向いてないのかもしれません、と思ったのですがうまいどんぶりシリーズは一時期「塩豚カルビ丼」という商品も出していたようで、こちらは中々好評だったようです。

news.nissyoku.co.jp

review.rakuten.co.jp

筆者は食品業界については詳しくないのですが、不評な商品が販売が打ち切られるのは仕方ないとして、好評な商品なら発売を続けていても良かったのではないかとも思いました。

ウマウマとかハピコアとかその辺の話

youtu.be

 多くの古参ネット住民にとっては今更この曲について説明することはないと思いますが恐らく知らないであろう若い世代の方向けに大百科記事と原曲貼っておきます。

dic.nicovideo.jp

www.youtube.com

 さて、このウッーウッーウマウマ(゚∀゚)(以下、ウマウマ)なのですが、上記の記事内や下記のリンク先にある様にかつてEXIT TUNESがウマウマを始めとしたニコニコ動画を中心に流行っていた音楽やアニソンをリミックス及びカバーしてトランスにしたCDシリーズを出していました(三年前に最終作を出してシリーズは終了したようです)。記事冒頭のアニメーション動画も同社によって制作されたものです。

anitra.jp

この中ではウマウマできるトランスを作ってみたシリーズの2作目が個人的にシリーズ最高傑作だと思っています(というかこれが出された頃のニコニコが筆者が一番ニコニコにハマっていた時期でした。今でもこの頃のニコニコが一番好きです)。

www.youtube.com

そしてこのシリーズで様々なテクノ系リミックスに聴き入ってたのが所謂ハードコアテクノ・ハッピーハードコア系の音楽にハマった切っ掛けでした(前置きが長くてすみません…)。まだまだ世間的にマイナーなジャンル故か音ゲーマーやDTMer以外で聞いてる人はあまり多くない様です。オタク臭いからなのか?日本人受けはあまりよくないのかもしれませんが、もっともっと浸透していって欲しいなと思います。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

クレームに弱い日本人

news.livedoor.com

日本って何だか"言ったもん勝ち"な世の中になってませんか?

日本人は文句とか批判、苦情とかが入ると安易に「自分がやったことに怒っている人がいるという事は自分は人を怒らせる様な事をしてしまったんだ。反省しなくては」という考えに行きついてしまい、その怒っている側の言い分の正当性を検証せずに屈してしまうという光景がよくみられる気がしてならないです。

誰かが自分に、又は自分達に物申した時にすぐ「こっちは100%悪くない」と思うのは考え物ですが、すぐ「こっちが100%悪い」と思ってしまうのもまた然りだと思います。

grapee.jp

f:id:iroyuat:20181030014607j:plain

f:id:iroyuat:20181030014656j:plain

www.youtube.com

自作PCに挑戦&奮闘記をコミティア125で出します

夏コミお疲れ様でした。

前から音ゲー用のPCが普段使っているものとは別に欲しかったので今回思い切って自作することにしました。

買い揃えたパーツ

f:id:iroyuat:20180817105352j:plain

完成

f:id:iroyuat:20180817105623j:plain

二日前になっちゃいましたが来週のCOMITIA125にて今回の自作PCの奮闘記を出します。

スペースはV11aです。宜しくお願いします。

「ゆうせん」のロゴ

こんなひらがな四文字のロゴを見たことありますか?

f:id:iroyuat:20180625225341j:plainf:id:iroyuat:20180629010208p:plain

筆者がこのロゴを初めて見かけたのは小学校の宿泊行事で宿泊先の施設に壁掛けの天気予報情報を表示する機械にこのロゴが刷られているのに気付いた時だったのですが、それ以来これがひっそりと気になっていました。

調べてみた所その名の通り有線放送チューナーやインターホン等、所謂ケーブル関係の機器を扱っているメーカーのロゴの様で、上述の宿泊行事で見かけたものと同様の機械が紹介されているサイトも見つかりました(「ん」の所に音符マークがついてます→)ラ・フォンテの賃貸情報|京都デザイナーズマンションNAVI

公式サイトを探してみた

のですが現在「ゆうせん」というひらがな四文字のメーカーは無く、代わりにヒットしたこちらの株式会社USENがどうやら後身の様です。

www.usen.com

ロゴ変更のお知らせのページも引っかかったのでこの時(平成16年)に現在のロゴに変えたのかと思って見てみたらこちらに載せられている変更前のロゴの時点で既にアルファベットのものになっていました。

http://www.usen.com/cms_data/newsrelease/pdf/2004/20041006_232.pdf

f:id:iroyuat:20180629004551p:plain

ひらがなのやつはもっと更に前のロゴだったのでしょうが、何時頃まで使われていたのかは調べても分からなかったです…。

そもそも元々は「大阪有線放送社」というのが一番最初の会社名で沿革によると平成12年に「株式会社有線ブロードネットワークス」に改名した様なので多分その時まで使っていたぽいですが。